足利市: 鑁阿寺

  栃木県:歴史・観光・見所(ホーム)足利市:歴史・観光・見所>鑁阿寺

鑁阿寺
鑁阿寺
[ 付近地図: 栃木県足利市 ]・[ 足利市:歴史・観光・見所 ]
概要・歴史・観光・見所
鑁阿寺(足利氏館)概要: 鑁阿寺の創建は源義康(足利家の祖)が屋敷内(足利氏館:敷地面積は約4万u、敷地形状は略正方形で周囲は水堀と土塁が囲い鎌倉時代の武士頭領級の居館跡とされます。)に持仏である大日如来像を祀る為、堀内御堂を建立したのが始まりとされます。建久7年(1196)、足利義兼の正室である時子が死去すると剃髪し鑁阿に改称、理真を招き堀内御堂を鑁阿寺と寺号を改めてます。文暦元年(1234)三代目義氏が堂塔伽藍を建立や境内の整備を行い代々の足利氏の氏寺とし、鑁阿寺を管理する為に堀の外側に塔中十二坊(筆頭は千手院)を創建させています。現在残されている鐘楼はその当時のもので国指定重要文化財に指定されています。中世は足利氏が庇護した事で寺運が隆盛し支院は12頭を数え、南北朝時代の終わりごろにはは、鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)の別当になりました。足利氏の衰退と共に衰退し豊臣秀吉の兵火により堂宇の一部を焼失しましたが天正19年(1591)徳川家康が寺領60石を寄進し鑁阿寺を再興します。徳川家は祖を源氏と自称している事もあり足利氏縁の鑁阿寺を帰依し特に5代将軍徳川綱吉の生母桂昌院は元禄5年(1692)に多宝塔を造営しています。鑁阿寺は大きな火災など少なかった為、本堂や鐘楼、経堂、多宝塔、楼門、太鼓橋、御霊屋、西門、東門、北門、宝庫(大黒堂)など古建築が残り、寺宝なども多数所持しています。又、境内は鎌倉時代に築かれた足利氏の居館跡で水掘や土塁など良好に保存されていることから大正11年(1922)に「足利氏宅跡」として国指定史跡に指定され、平成18年(2006)に日本名城100選に選定されています。関東八十八箇所第16番(御詠歌:だいにちの みひかりうけて さくはなも ほとけのかごに あらざるはなし)。宗派:真言宗大日派(本山)。本尊:大日如来。

鑁阿寺の文化財(建物のみ)
 ・ 鑁阿寺本堂−正安元年(1299)、禅宗様、入母屋、本瓦葺−国宝
 ・ 鐘楼−天福2年(1234)、入母屋、本瓦葺、袴腰付−国指定重要文化財
 ・ 一切経堂−応永14年(1407)、一重もこし付、八角輪蔵−国指定重要文化財
 ・ 多宝塔−元禄5年(1692)、桂昌院が寄進、日本最大級−栃木県指定重要文化財
 ・ 楼門−天正18年(1590)、三間一戸、八脚門楼門−栃木県指定重要文化財
 ・ 太鼓橋−安政年間(1854〜1859年)、屋根付き橋−栃木県指定重要文化財
 ・ 御霊屋−江戸時代、11代将軍徳川家斉が寄進−栃木県指定重要文化財
 ・ 西門−永享4年(1432)、一間一戸、切妻、桟瓦葺、四脚門−栃木県指定重要文化財
 ・ 東門−永享4年(1432)、一間一戸、切妻、桟瓦葺、四脚門−栃木県重要文化財
 ・ 北門−弘化2年(1845)、一間一戸、切妻、桟瓦葺、薬医門−足利市指定有形文化財
 ・ 宝庫(大黒堂)−宝暦2年(1752)、校倉風、寄棟、本瓦葺−足利市指定有形文化財
 ・ 観音壇厨子−江戸中期、一間社、入母屋、極彩色−足利市指定有形文化財
 ・ 蛭子堂−江戸中期、北条時子を祀る、切妻、妻入、桟瓦葺−足利市指定有形文化財
 ・ 御水屋−明治22年(1889)−足利市指定有形文化財

鑁阿寺:境内案内
太鼓橋
太鼓橋
太鼓橋
山門
山門
山門
本堂
本堂
本堂
多宝堂
多宝堂
多宝堂
経堂
経堂
経堂
不動堂
不動堂
不動堂
御霊屋
御霊屋
御霊屋
大酉堂
大酉堂
大酉堂
大黒堂
大黒堂
大黒堂
蛭子堂
蛭子堂
蛭子堂
鐘楼
鐘楼
鐘楼
東門
東門
東門
北門
北門
北門
西門
西門
西門
 
鑁阿寺
 
住宅設計

 栃木県足利市観光・旅行見所ナビ:
赤城神社春日神社足利学校原田家住宅樺崎八幡宮下野國一社八幡宮星宮神社法玄寺厳島神社(名草巨石群)足利陣屋浄因寺
浄林寺鶏足寺光明寺名草巨石群織姫神社大岩毘沙門天(最勝寺)下御堂跡宗泉寺鑁阿寺徳蔵寺長林寺柳田家住宅善光寺
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。