日光市: 湯ノ湖

  栃木県:歴史・観光・見所(ホーム)日光市:歴史・観光・見所中禅寺湖>湯ノ湖
日光市・観光・見所
 ・ 日光東照宮
 ・ 輪王寺大猷院
 ・ 輪王寺
 ・ 二荒山神社
 ・ 四本龍寺
 ・ 本宮神社
 ・ 滝尾神社
 ・ 神橋
 ・ 寂光の滝
 ・ 霧降の滝
 ・ 華厳の滝
 ・ 中禅寺
 ・ 中禅寺湖
 ・ 二荒山神社中宮
 ・ 二荒山神社奥宮
 ・ 男体山
 ・ 竜頭の滝
 ・ 坂下門(眠り猫)
 ・ 神厩(三猿)
 ・ 陽明門
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
湯ノ湖・歴史・観光・見所
湯ノ湖(日光市)概要: 湯ノ湖湯ノ湖は三岳(標高:1944.8m)の火山噴出物で湯川が堰き止められて形成された堰止湖です。標高1478m、面積0.4〜0.5ku、周囲2.2km、最大深度12.5mほどで東岸には兎島半島が突き出し北側には湯ノ湖の名称の由来となった温泉が湧き出ていています。温泉の発見は延暦7年(788)、勝道上人が日光を開いた際見つけたのが始まりとされ、文政年間(1818〜1830)に編纂された「日光山志」には中禅寺温泉八湯と記載され、明治時代に編纂された「古事類苑」には日光温泉として紹介されています。特に硫黄の含量が多い事でも知られ万座温泉(群馬県嬬恋村)、月岡温泉(新潟県新発田市)、高湯温泉(福島県福島市)に次ぐ硫黄温泉で昭和29年(1954)には酸ヶ湯温泉(青森県青森市)、四万温泉(群馬県中之条町)と共に国民保養温泉地に指定されています。湯ノ湖の南には湯滝があり、戦場ヶ原竜頭の滝中禅寺湖と続いています。
湯ノ湖
湯ノ湖
[ 付近地図: 栃木県日光市 ]・[ 日光市 ]・[ 奥日光 ]・[ 中禅寺湖12345 ]
住宅設計

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。