大田原市: 那須神社

  栃木県:歴史・観光・見所(ホーム)大田原市:歴史・観光・見所>那須神社

那須神社
那須神社
[ 付近地図: 栃木県大田原市 ]・[ 大田原市:歴史・観光・見所 ]
那須神社 那須神社 那須神社 那須神社
那須神社 那須神社 那須神社 那須神社
概要・歴史・観光・見所
那須神社(大田原市)概要: 那須神社の創建は仁徳年間(313〜399年)、那須神社(大田原市)当時の下野国造であった奈良別命が下野国の国家鎮護の為、御神体である金瓊を埋め石祠を建立したのが始まりとされます。延暦年間(782〜806)には坂上田村麿が東夷東征の際、この地を訪れ戦勝祈願として宇佐八幡宮(大分県宇佐市)の分霊(応神天皇)を勧請し以後、金丸八幡宮と呼ばれました。源義家も奥州東征(後三年合戦)の戦勝祈願で金丸八幡宮を参拝し見事勝利した事から神意に感謝し、家臣である須藤貞信(那須家の祖)に命じ、社殿の造営や参道の整備を行い社領50石を寄進しています(参道にある桜はこの時植樹されたものと伝えられています)。その後、当地を長期にわたり統治した那須家の崇敬社となり、源平合戦の元暦2年(1185)に行われた屋島の戦いの際、那須与一が平氏方の軍船に掲げられた扇の的を弓を射る瞬間に「南無八幡大菩薩、とりわけわが国の神々、日光権現、宇都宮、那須温泉大明神、願わくはあの扇の真ん中を射させてくれ給え・・・」と心の中で祈願した、八幡大菩薩とは金丸八幡宮の事とも云われています。与一が見事扇に弓を命中させ源平合戦に勝利した事は金丸八幡宮の御加護として文治3年(1187)土佐杉で社殿の再建し自らの太刀を奉納しています。戦国時代に那須家は小田原北条家に与し為、豊臣秀吉が北条家を滅ぼすと一時改易となり、金丸八幡宮(那須神社)も庇護者を失い衰微しましたがその後周辺を支配した那須家一族の大関氏の崇敬社となり天正5年(1577)には大関高増(美作守)により社殿が再建され銅製鰐口などが奉納されています。江戸時代に入ると大関氏は黒羽藩(藩庁:黒羽城)を立藩し引き続き庇護し、例祭の際は藩主自ら参拝に訪れ、奉納される舞などを観賞したと伝えられています。古くから神仏習合していましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され、明治6年(1873)に社号を「那須神社」に改めています。祭神:応神天皇。配神:たかおかみのか神、別雷命、大己貴命、少彦名命、稲倉魂命、須佐之男命、火産霊神、武甕槌命。

現在の那須神社本殿は寛永19年(1642)に大関高増(土佐守)が再建した当時のもので、那須神社(大田原市)三間社流造、銅瓦棒葺、向拝付、棟梁は高宮次右衛門、高宮市兵衛、江戸時代初期に建てられた数少ない神社本殿建築の遺構として貴重なことか平成26年(2014)に国指定有形文化財に指定されています。楼門(神社山門)も本殿と同時期に建てられたもので入母屋、銅板葺、三間一戸、両脇には長床(身分が高い人物が那須神社を参拝に訪れた際、お供の人の控えの間)、下層部の両側には随神(神仏分離令以前は仁王像)が安置、建物は朱色、細部の組物は極彩色、上層部の壁面は龍や雲などが描かれています。那須神社楼門は江戸時代初期に建てられた楼門建築の遺構で意匠的にも優れている事から平成26年(2014)に国指定有形文化財に指定されています。又、元禄2年(1689)には松尾芭蕉が"奥の細道"行脚の折参拝に訪れた縁の地でもあり、平成26年(2014)に「おくのほそ道風景地」として国指定名勝に指定されています。

那須神社の文化財
 ・ 銅製鰐口−文和22年(1355)、径37.2cm、那須家寄進−栃木県指定重要文化財
 ・ 銅製鰐口−天正5年(1577)、径54.6cm、大関家寄進−栃木県指定重要文化財
 ・ 太刀−平安時代末期、刃長81.8cm、庵棟鎬造−栃木県指定重要文化財
 ・ 太刀−鎌倉時代、長さ83.0cm、反り3.6cm−栃木県指定重要文化財
 ・ 那須神社本殿−寛永19年−三間社流造、銅瓦棒葺−国指定重要文化財
 ・ 那須神社楼門−寛永19年−三間一戸、八脚楼門、入母屋−国指定重要文化財
 ・ 甲冑(紺糸威)−江戸時代−大関増勤奉納−大田原市指定有形文化財
 ・ 石灯籠−寛永19年−芦野石製、高さ2.9m−国指定重要文化財
 ・ 手水舟−寛永19年−高さ77cm、幅157cm奥行90cm−国指定重要文化財
 ・ 永代々神楽(10座)−例祭:3月15日大田原市指定無形民俗文化財
 ・ 獅子舞−例祭:9月15日、往時は大関氏が観賞−大田原市指定無形民俗文化財

 栃木県大田原市観光・旅行見所ナビ:
大雄寺玄性寺旧黒羽銀行護国神社黒羽町並み黒羽城福原八幡宮法輪寺大田原神社実相院上侍塚古墳下侍塚古墳金燈籠
金剛寿院伝法寺光真寺那須国造碑那須神社忍精寺竜泉寺大田原城雲巌寺
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県WEB観光案内所>大田原市>那須神社」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。