日光東照宮

栃木県:歴史・観光・見所(ホーム)>日光東照宮

日光東照宮

日光東照宮

日光東照宮:境内

日光東照宮:三神庫(想像の像)
三神庫
日光東照宮:五重塔
五重塔
日光東照宮:御本社
御本社
日光東照宮:回廊
回廊
日光東照宮:御宝蔵
御宝蔵
日光東照宮:輪蔵(経蔵)
輪蔵(経蔵)
日光東照宮:神厩(三猿)
神厩(三猿)
日光東照宮:鐘楼・鼓楼
鐘楼・鼓楼
日光東照宮:石鳥居
石鳥居
日光東照宮:陽明門
陽明門
日光東照宮:神楽殿
神楽殿
日光東照宮:神輿舎
神輿舎
日光東照宮:御水屋
御水屋
日光東照宮:本地堂
本地堂
日光東照宮:眠り猫
眠り猫
日光東照宮:鋳抜門
鋳抜門
日光東照宮:奥宮
奥宮
日光東照宮:表門
表門
日光東照宮:祈祷殿(上社務所)
祈祷殿
日光東照宮:奥宮拝殿
奥宮拝殿

日光東照宮概要: 元和2年(1616)4月17日、駿府城(静岡県静岡市)で江戸幕府初代将軍徳川家康が死去すると遺言により一端久能山に埋葬され翌年元和3年(1617)に日光に改葬されました(遺言によると遺体は駿府城に使い久能山に納める、位牌は三河大樹寺(愛知県岡崎市)に安置、葬儀は江戸増上寺(東京都)であげる、一周忌後日光に小さな堂を建て関八州の守護神となる。との事。家康自身は一連の葬儀をなるべく質素に行なう事を望んだようですが、拡大解釈され、日光東照宮に見られるように日本屈指の社殿となり遺体も久能山から日光に埋葬されました。久能山にも日光東照宮を小規模にした久能山東照宮(静岡県静岡市:数多くの社殿が国指定重要文化財)が造営され家康が一時埋葬された地として聖地化されました。)。翌年、朝廷から東照大権現の称号と正一位を与えられ東照社と称し、正保2年(1645)宮号を賜り、日光東照宮と改称しています。2代将軍徳川秀忠は遺言とは異なり、遺体を日光に遷し、決して小さくはない社殿が造営されました。その時、造営された社殿は世良田東照宮(徳川家発祥地の地とされる現在の群馬県太田市世良田に創建された東照宮、ただし、徳川家の前身である松平家が源氏の正当な家系である新田家から出たというのには諸説あり、捏造説も根強いとされます。)の拝殿(入母屋、銅瓦棒葺、正面棟唐破風、桁行5間、梁間3間、精緻な彫刻や極彩色で彩られているものの、現在の日光東照宮に比べると質素な造りとなっています。)として移築され国指定重要文化財に指定されています。三代将軍家光は家康に対し特別な畏敬の念があり日光東照宮への参拝は19回に及び、寛永13年(1636)には社殿の大造営を行い現在に見られるような社殿群を建立しました。家康の遺言では小堂という事でしたが、埋葬地である奥宮の宝塔を小堂と置き換え、社殿群は当時の日本の技術(棟梁、彫刻、左官、絵師など、大棟梁には甲良豊後宗広、彫刻には伝説的な彫刻職人左甚五郎も参加し眠り猫などを手懸けたとされます。又、彫刻の下絵は幕府の御抱絵師であった狩野探幽が率いる狩野派が下絵をして彫刻職人が彫り込んだとされます。)が結集した壮大華麗なものとなりました。陽明門や御本社、回廊などが国宝に指定されたのを始め、多くの建築物や社宝が国重要文化財に指定され、日光山内の社寺(日光東照宮・輪王寺大猷院廟二荒山神社二荒山神社中宮祠滝尾神社本宮神社四本龍寺)が世界遺産に登録されています。
スポンサーサイト

[ 日光の世界遺産 ]・[ 奥日光(中禅寺湖) ]・[ 栃木県の日本三大(那須国造碑・神橋・華厳の滝) ]・[ 栃木県の日本三大(日光東照宮・岩船山高勝寺) ]・[ 日光東照宮 ]・[ 栃木県の温泉街(塩原温泉・板室温泉・那須温泉) ]・[ 栃木県の温泉街(川治・湯西川・鬼怒川) ]・[ 行基菩薩 ]・[ 松尾芭蕉 ]・[ 日本武尊 ]・[ 日光東照宮(神社100選) ]・[ 日光二荒山神社(神社100選) ]・[ 輪王寺(名刹巡礼 古寺100選) ]・[ 日光例幣使街道(嘉右衛門町・日光東照宮) ]・[ 栃木県の伝統的・町並み(嘉右衛門町・壬生宿・芦野宿) ]


 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。