大関増栄:概要

  栃木県:歴史・観光・見所栃木県:歴史・人物>大関増栄

概要・歴史・観光・見所
大関増栄(大雄寺)

【 概 要 】−大関増栄は寛永16年(1639)、黒羽藩3代藩主大関高増と分部光信娘との子供として生まれました。正保3年(1646)、高増が死去すると兄である増親が2代藩主に就任、その際、黒羽藩2万石から増栄に1千石、弟である増君に1千石が分知され1万石8千石となっています。増栄は交代寄合として幕府に仕えていましたが、寛文2年(1662)に増親が死去すると末期養子が認められ江戸幕府4代将軍徳川家綱を御目見した事で黒羽藩5代藩主に就任しています。承応3年(1654)には居城である黒羽城の本丸が造営されています。

大関増栄は黒羽藩領にある社寺に対しては篤く保護し、延宝6年(1678)には那須湯本温泉神社に筥(那須町指定文化財)を寄進、貞享元年(1684)には大関家の菩提寺である大雄寺に東皐心越作の紙本墨画達磨図(縦135.0cm、横45.7cm:大田原市指定文化財)を寄進、寛文8年(1688)には大宮温泉神社を現在地に遷座し社殿を造営、寛文9年(1669)に「子孫繁昌」や「武運長久」を祈願し石燈篭(高さ約285cm、竿直径約40cm、2基:大田原市指定文化財)を寄進しています。

大関増栄は寛文11年(1671)に大坂加番、その後は江戸城各門番や公家下向の馳走役などを歴任しています。貞享5年(1688)江戸藩邸にて死去。享年50年。戒名:本源院殿心印元証大居士。

黒羽山久遠院大雄寺:写真
大関増栄と縁がある大雄寺 大関増栄と縁がある大雄寺 大関増栄と縁がある大雄寺 大関増栄と縁がある大雄寺
黒羽城:写真
大関増栄と縁がある黒羽城 大関増栄と縁がある黒羽城 大関増栄と縁がある黒羽城 大関増栄と縁がある黒羽城
那須湯本温泉神社:写真
大関増栄と縁がある那須温泉神社参道石畳みから見た石鳥居 大関増栄と縁がある那須温泉神社参道の石段と玉垣 大関増栄と縁がある那須温泉神社境内から見た拝殿正面と石燈篭 大関増栄と縁がある那須温泉神社境内に生えるミズナラの大木



※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。