滝尾神社: 酒の泉

  栃木県:歴史・観光・見所日光市:歴史・観光・見所滝尾神社>酒の泉

概要・歴史・観光・見所
酒の泉(日光市・滝尾神社)概要: 案内板によると「 本宮の清水(昭和24年の今市地震で焼失)、薬師の霊水とともに日光の三霊水の1つ。弘法大師が、この泉の水を汲んで神に捧げたといわれている。この御供水には、酒の味があるといわれ、持ち帰って元水として酒を造ると、良酒ができるという。醸造家たちで酒泉講が結成され、秋に祈醸祭、春に報醸祭が行われる。現在は、西神苑の「二荒霊泉」で行われる。」とあります。特に醸造業など酒造りや販売などの関係者から信仰され、泉の傍らには酒神と思われる石碑があり注連縄が巻かれています。

日光山内・日光の社寺・世界遺産
 [日光東照宮]:[輪王寺]:[大猷院廟]:[二荒山神社]:[本宮神社]:[四本龍寺]

酒の泉:写真

酒の泉
[ 付近地図: 栃木県日光市 ]・[ 滝尾神社:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。