建中寺(芦野宿)

  栃木県:歴史・観光・見所(ホーム)奥州街道(栃木県)芦野宿>建中寺

概要・歴史・観光・見所
建中寺(芦野宿・那須町)概要: 芦野家の菩提寺は元々米澤山金光峯寺最勝院でしたが19代当主芦野資俊が元禄5年(1692)6月26日に死去すると保寧山建中寺境内に葬られ、以後、建中寺が芦野家歴代の菩提寺となりました。ただし、20代資親以後の27代資原までの当主は江戸で没している為、江戸の菩提寺である惣禅寺に葬られ建中寺には供養塔の他、当地で没している夫人や、子女等の22基の碑塔が建立されています。「芦野氏の新墳墓」は領主歴代の墓域として貴重な事から昭和37年(1962)に那須町指定史跡に指定されています。寺宝も芦野氏縁の品々を数多く所有し芦野盛泰の書と伝えられ「風月」の掛け軸などを所有しています。本堂は入母屋、銅瓦棒葺、平入、桁行6間、正面1間向拝付、外壁は真壁造り、白漆喰仕上げ。山門は切妻、銅瓦棒葺、一間一戸、四脚門。宗派:曹洞宗。

建中寺:写真

建中寺
[ 付近地図: 栃木県那須町 ]・[ 芦野宿・歴史・観光・見所 ]
建中寺 建中寺 建中寺 建中寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。