矢板市: 持宝院

  栃木県:歴史・観光・見所矢板市:歴史・観光・見所>持宝院

概要・歴史・観光・見所
持宝院(矢板市)概要: 持宝院の山門は松ヶ嶺城(岡本氏の居城として15世紀末期に築城された山城。慶長2年:1597年に居城を泉城に移した為に廃城。)の城門を移築したとも、城主岡本氏の菩提寺だった慈光寺(岡本家の菩提寺として庇護され寺運も隆盛しましたが慶長2年:1597年に居城を泉城に移した際、曹洞宗の寺院に菩提寺を移した為、衰退し元和2年1616年に廃寺。)の山門を移築したとも云われてます。様式的には江戸時代初期とされ一間一戸、切妻、6脚門、正面左柱に登り竜、右柱に下り竜がそれぞれ彫られ別名"竜体門"と称しています。古い門の形式を継承するものとして昭和39年(1964)に矢板市指定有形文化財に指定されています。又、平成9年(1997)に選定された「やいたの建物十選」にも選ばれています。

持宝院:写真

持寺院
[ 付近地図: 栃木県矢板市 ]・[ 矢板市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。