那珂川町: 大日堂

  栃木県:歴史・観光・見所那珂川町:歴史・観光・見所>大日堂

概要・歴史・観光・見所
大日堂(那珂川町)概要: 大日堂は栃木県那須郡那珂川町浄法寺に境内を構えています。大日堂の創建はこの地を支配した須藤貞信が持仏である大日如来像を本尊にして北岡荘芝山に御堂を建立したのが始まりとされます。北岡荘芝山の地は那須家の居城だった神田城から見て北西に当たる為、城の乾鎮護として歴代那須家から崇敬庇護されました。その後、応永25年(1418)当時の烏山城主だった那須資重が現在地に移し本尊を胎内仏として新たに仏像を制作し、女人禁制を解いて誰でも参拝出来るようになったとされます。大日堂は桁行3間、梁間3間、宝形造り、銅板葺きの単層の建物で建築年代は不明ですが内部の内陣などから平安時代の形式を踏襲している平面をしているそうです。大日堂は貴重な事から昭和47年(1972)に那珂川町指定文化財に指定されています。

大日堂:写真

大日堂
[ 付近地図: 栃木県那珂川町 ]・[ 那珂川町:歴史・観光・見所 ]
大日堂 大日堂 大日堂 大日堂


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。