塩原温泉: 野立岩

  栃木県:歴史・観光・見所塩原温泉:歴史・観光・見所>野立岩

概要・歴史・観光・見所
野立岩(塩原温泉)概要: 案内板によると「 慶長5年今から約377年前徳川家康東征の先陣を承わり蒲生秀行が東会津街道(現在の塩原街道)を進軍のさい塩原に泊る宿もなくこの岩の上で野宿し、一夜を明かし野立(身分の高い人が野外で休むこと)したところから、野立岩といわれている。 塩原町観光課 」とあります。慶長5年(1600)、家康が東征とは関が原の戦いの原因の1つとなった会津若松城(福島県会津若松市)を居城とした上杉景勝討伐の事だろうか?一般的には現在の栃木県小山市附近で、石田三成の挙兵の報を聞き、一転して西上した事になっています。蒲生秀行は織田信長の家臣で豊臣秀吉に逸早く従属し会津領92万石を領した蒲生氏郷の嫡男で、当初は氏郷の遺領を継ぎましたが御家騒動(諸説あり)により宇都宮城(栃木県宇都宮市)18万石に移されていました。関ヶ原の戦いの際は東軍に付き、上杉軍の西上を牽制する為に宇都宮城で待機が命じられています。だとしたら、この野立岩で野立したのはいったい誰なのでしょうか?氏郷は関ヶ原の戦いの功で60万石に加増され会津領に復権したところから、会津に戻る際にこの野立岩附近を通過したのかも知れません。

野立岩:写真

野立岩
[付近地図:栃木県那須塩原市]・[ 塩原温泉:写真12345 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。