壬生藩

  栃木県:歴史・観光・見所(ホーム)栃木県の城下町>壬生藩
概要::歴史・観光・見所/td>
壬生藩概要: 壬生藩の創建は慶長7年(1602)日根野吉明が高島藩から1万9千石で壬生に入り立藩したのが始まりとされます。江戸時代中期までは壬生藩は江戸に近い事もあって歴代藩主は比較的石高の低い譜代大名が歴任し、短期間在任の後石高を上げて他藩へ移封する事が常で、寛永11年(1634)に吉明が府内藩に移封になると阿部忠秋が2万5千石、寛永16年(1639)に三浦正次が2万5千石、元禄5年(1692)に松平輝貞が3万2千石、元禄8年(1695)に加藤明英が2万5千石でそれぞれ藩主となっています。正徳2年(1712)に鳥居忠英が3万石で藩主になってからは藩政も安定し、明治維新まで鳥居氏7代の居城として存続しました。戊辰戦争時には勤王派と保守派に分かれて大きく対立しましたが結局新政府側に付き明治維新を迎えます。明治4年(1871)に廃藩となり後に栃木県に編入しています。
  スポンサーリンク
 

壬生藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代日根野吉明1601〜1634 1万9千石 
初代阿部忠秋1635〜16392万5千石 
初代三浦正次1639〜16412万5千石 
2代三浦安次1641〜16822万石 
3代三浦明敬1682〜16922万石 
初代松平輝貞1692〜16953万2千石 
初代加藤明英1695〜17122万5千石 
2代加藤嘉矩17122万5千石 
初代鳥居忠英1712〜17163万石 
2代鳥居忠瞭1716〜17353万石 
3代鳥居忠意1735〜17943万石 
4代鳥居忠熹1794〜18213万石 
5代鳥居忠威1821〜18263万石 
6代鳥居忠挙1826〜18573万石 
7代鳥居忠宝1857〜18703万石 

壬生藩
壬生町:町並み 壬生町:町並み 壬生町:町並み 壬生町:町並み
壬生町:名所・旧跡
居城
壬生城
壬生城
藩主菩提寺
常楽寺
常楽寺
藩主祈願所
興光寺
興光寺
藩主崇敬社
壬生藩
雄琴神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。