那須温泉: 聖徳太子像

  栃木県:歴史・観光・見所那須温泉:歴史・観光・見所>聖徳太子像

概要・歴史・観光・見所
聖徳太子像(那須温泉)概要: 案内板によると「 この石像は、湯元の勇志が大正の初め那須温泉神社に石の"神馬"を奉納いたしましたが、その時太子像も同じ石で作られ湯元の繁栄と湯治客の安全を願って作られたものです。 那須町商工会湯本支部 」とあります。石像は1mに満たない小像ですが両腕や足元にはこぼれんばかりの御賽銭がある事から現在でも信仰されているのが解ります。聖徳太子は一般的に法隆寺や四天王寺の創建に携わっていた事から建築、土木関係者から信仰され、頭脳が明晰だった事から学業成就などに御利益があるとされますが、当地では温泉繁栄に御利益があると信じられているようです。

聖徳太子像:写真

聖徳太子像
[ 付近地図: 栃木県那須町 ]・[ 那須温泉:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。