壬生町: 吾妻古墳

  栃木県:歴史・観光・見所壬生町:歴史・観光・見所>吾妻古墳

概要・歴史・観光・見所
吾妻古墳(壬生町)概要: 吾妻古墳は壬生町大字藤井字吾妻に築かれています。吾妻古墳吾妻古墳は案内板によると「 吾妻古墳は、黒川東岸の台地上に築かれた前方後円墳です。墳丘は二段につくられ、墳丘第一段の平坦面(基壇)が幅広くつくられているのが特徴です。墳丘の全長は第一段が117m、第二段が86mあり、堀(周湟)の底からの高さは約10mあります。墳丘の周囲には、保存の良い状態で堀が廻っています。東側では、堀の内側に突き出した張り出し部がみられ、堀を渡るための橋がかけられていたと考えられます。堀を含めた古墳の総全長は約170mに達し、壬生町では最も大きな古墳となります。吾妻古墳の石室については、昔の記録から凝灰岩の切石を使用した横穴式石室が前方部前端につくられていたことがわかっています。石室の玄門は、現在壬生城址公園内に保存されています。墳丘からは埴輪が出土しており、これらの資料から吾妻古墳は古墳時代後期(今から約1400年前)につくられた古墳と考えられます。 壬生町教育委員会 」とあります。吾妻古墳は6世紀の後半代に築かれた前方後円墳の遺構として大変貴重な事から昭和45年(1970)に国指定史跡に指定されています。

吾妻古墳:写真

吾妻古墳
[ 付近地図: 栃木県壬生町 ]・[ 壬生町:歴史・観光・見所 ]
吾妻古墳 吾妻古墳 吾妻古墳 吾妻古墳


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。