壬生寺

  栃木県:歴史・観光・見所壬生町:歴史・観光・見所>壬生寺

概要・歴史・観光・見所
壬生寺概要: 紫雲山壬生寺は栃木県下都賀郡壬生町大師町に境内を構えている天台宗の寺院です。壬生寺境内にある慈覚大師円仁産湯の井戸壬生寺は高僧として知られた平安時代の高僧で、天台宗第3代座主となった慈覚大師円仁の生誕地と伝わる古寺です。江戸時代以前は荒廃していましたが貞享3年(1686)、天真親王(日光山輪王寺の門跡)が当地を訪れた際、壬生藩(藩庁:壬生城)の藩主三浦直次に再興を命じて大師堂が造営され台林寺が別当を担いました。明治時代初頭に発令された神仏分離令により台林寺から独立し、大正5年(1916)に彦坂大僧正(日光山輪王寺の門跡)を招き改めて壬生寺が開山しています。

壬生寺大師堂は貞享3年(1686)に輪王寺の願いにより壬生城主三浦壱岐守直次によって建立された建物で、入母屋、桟瓦葺き、桁行き3間、梁間2間、一間の向拝が付いています。外壁は朱色に塗られ、華美な彫刻は排除された簡素なもので内部の天井は格天井で菊花紋が描かれています。江戸時代中期に建てられた貴重な建物として平成3年(1991)壬生町指定有形文化財に指定されています。「大師産湯の井戸」は大師が産湯に使った霊水とされ、古くから安産や乳が出るようになる、諸病平癒などに御利益があると言われています。「大イチョウ」は推定樹齢350年、樹高24.5m、目通周囲5.1m、枝張り東西22.9m、南北22.0m、栃木県内でも有数な巨木として昭和54年(1979)に栃木県指定天然記念物に指定されています。山号:紫雲山。宗派:天台宗。本尊:不動明王。

壬生寺:写真

壬生寺境内正面に設けられた山門と土塀と石造寺号標
[ 付近地図: 栃木県壬生町 ]・[ 壬生町:歴史・観光・見所 ]
壬生寺山門から見た参道の石畳み 壬生寺本堂左斜め前方 壬生寺境内に設けられた大師堂 壬生寺境内に生える銀杏の大木


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。