益子町: 旧濱田庄司邸

  栃木県:歴史・観光・見所益子町:歴史・観光・見所>旧濱田庄司邸

概要・歴史・観光・見所
旧濱田庄司邸(益子町)概要: 旧濱田庄司邸は、江戸時代後期に市貝町市塙に上層農家として建てられ、写真その後茂木町下菅又に移築され、昭和5年(1930)に濱田庄司氏が居宅として購入した建物です。建物は、木造平屋建て、寄棟、茅葺、平入、桁行23.394m、梁間11.692m、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、座敷には床の間や出書院が設けられるなど格式の高い意匠、内部の土間は陶芸の作業場として利用されました。旧濱田庄司邸は江戸時代後期の農家上層建築の遺構として貴重な事から平成元年(1989)に益子町指定文化財に指定されています。現在は陶芸メッセ益子内に移築保存され一般公開されています。

濱田庄司は昭和時代を代表する日本の陶芸家で東京高等工業学校(現東京工業大学)写真で窯業を学び、卒業後は京都市立陶芸試験場で釉薬の研究を行い、イギリス留学後に益子町に移り住み本格的な陶芸を行いました。昭和30年(1955)にはその功績と技術が評価され、第1回重要無形文化財「工芸技術部門陶芸民芸陶器」保持者に認定、所謂「人間国宝」となっています。その後も、昭和39年(1964)には紫綬褒章、昭和43年(1968)には文化勲章を受章するなど陶芸家の第一人者として陶芸界に大きく貢献しました。当住宅は建築的な文化財であると共に、濱田庄司の居宅としても大きな意味があるとされます。

旧濱田庄司邸:写真

旧濱田庄司邸
[ 付近地図: 栃木県益子町 ]・[ 益子町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。