宇都宮市: カトリック松が峰教会

  栃木県:歴史・観光・見所宇都宮市:歴史・観光・見所>カトリック松が峰教会

概要・歴史・観光・見所
カトリック松が峰教会(宇都宮市)概要: 松が峰教会(創立はパリ外国宣教会のカジャック神父により明治21年:1888年に川向町に建てられた。)は昭和7年(1932)に建てられた鉄筋コンクリート造4階建、大谷石張り、尖塔搭屋銅板葺の建物で1階は幼稚園、2階から上階は聖堂となっています。建築面積404u、延床面積1865uは日本最大の大谷石建造物で教会としても北関東最大を誇ります。正面の両側は印象的な尖塔屋根を配置、玄関ポーチは大きなアーチ、玄関窓上部には半円型欄間であるファンサール窓を採用するなど当時の洋風建築の要素やロマネスク様式(中世西ヨーロッパの建築様式:一般的には石造や石張で装飾的)の聖堂の特徴を取り入れています。又、連窓の上部もファンサール窓で外壁も合わせてアーチ風の意匠とし軒下直下が蛇腹が施されています。松が峰教会は昭和初期に建てられた近代教会建築の遺構として貴重で「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしていることから平成10年(1998)に国登録有形文化財に指定され平成14年(2002)には「宇都宮市まちなみ景観大賞」を受賞しています。設計はスイス人建築家マックス・ヒンデル。施工は棟梁宮内初太郎、石工安野半

カトリック松が峰教会:写真

カトリック松が峰教会
[ 付近地図: 栃木県宇都宮市 ]・[ 宇都宮市:歴史・観光・見所 ]
カトリック松が峰教会 カトリック松が峰教会 カトリック松が峰教会 カトリック松が峰教会


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。