宇都宮市: 伝法寺

  栃木県:歴史・観光・見所宇都宮市:歴史・観光・見所>伝法寺

概要・歴史・観光・見所
伝法寺(宇都宮市)概要: 伝法寺は栃木県宇都宮市徳次郎町に境内を構えている曹洞宗の寺院です。伝法寺の創建は南北朝時代の貞和4年(1348)後醍醐天皇が開基となり大同妙哲が開山したのが始まりと伝えられています。当初は臨済宗でしたが江戸時代初期に曹洞宗に改宗しています。境内にある妙哲禅師の墓は案内板によると「 妙哲禅師は、鎌倉時代に奥州(現・東北地方)に生まれ、雲厳寺(黒羽町)の仏国国師の弟子となり、この伝法寺や妙雲寺(塩原町)・同慶寺(宇都宮市竹下町)を開き、下野国内に臨済宗をひろめた中心人物である。墓碑は高さ1.48mの安山岩製で、八角形の基礎の上に、八角柱の竿石を立て、ここに中台をのせ、その上に卵形の塔身を安置した無縫塔である。墓碑の基礎面に、禅師の功績と貞和5年(1349)11月12日の没年を刻んでいる。」とあります。伝法寺山門は切妻、鉄板葺、一間一戸、四脚門。本堂は木造平屋建て、入母屋、鉄板葺、平入、桁行7間、梁間6間、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦如来。

伝法寺:写真

伝法寺
[ 付近地図: 栃木県宇都宮市 ]・[ 宇都宮市:歴史・観光・見所 ]
伝法寺 伝法寺 伝法寺 伝法寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。