那須塩原市: 旧青木家那須別邸

  栃木県:歴史・観光・見所那須塩原市:歴史・観光・見所>旧青木家那須別邸

概要・歴史・観光・見所
旧青木家那須別邸(那須塩原市)概要: 旧青木周蔵(外交官、特にドイツ公使として実績があり、ここ那須ではドイツ風の地主を目指し青木農場を開設しています。)那須別邸は明治21年(1888)に建てられた洋風別荘で、東棟、西棟、附属棟、中央棟屋上の物見台と増築を重ね明治42年(1909)に現在見られるような建物になりました。木造2階建て、寄棟、金属板葺き、設計は松ヶ崎萬長(建築家、ドイツに留学し建築を学んだ為、ドイツ風の建築を得意としました。)が行っています。外壁は鱗状のスレート貼で、屋根にはドーマ、主要出入り口の上部はファンライトと呼ばれる半円形の欄間、縦長の上げ下げ窓を多用しています。正面には庭に降りれるポーチ、その上部はバルコニーで、物見台にも洋風の手摺が廻っています。旧青木家那須別邸は明治時代に建てられた洋風建築の遺構として大変貴重な事から平成11年(1999)に国指定重要文化財に指定されています。現在は道の駅「明治の森黒磯」として一般公開されています。

旧青木家那須別邸:写真

旧青木家別邸
[ 付近地図: 栃木県那須塩原市 ]・[ 那須塩原市:歴史・観光・見所 ]
旧青木家別荘 旧青木家別荘 旧青木家別荘 旧青木家別荘


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。