那須塩原市: 静沼

  栃木県:歴史・観光・見所那須塩原市:歴史・観光・見所>静沼

概要・歴史・観光・見所
静沼(那須塩原市)概要: 案内板によると「 乃木将軍として今でも親しまれている乃木希典は、明治時代4度の休職中の多くをこの地で農業の重要性を説き、農業に励みました。その頃、この静沼は大部分が水田でした。終戦まで小作人に貸府されていた乃木神社の所有地は、農地改革によって約4町歩(約40000u)を開放したため、神社には八反歩(約8000u)の水田が残っただけでした。そのうちの一反五畝(約1500u)を神饌田として残し、原野を含めた約2千坪(約6600u)に灌漑用貯水池を造りました。これが静沼です。静子夫人にちなんで名付けられた静沼には、鯉が自然繁殖し、またボートを浮かべ、水車も整備、水鳥がたわむれ町民の憩いの池となりました。ポートは昭和50年代まで利用されました。 静沼及びその周辺は、自然公園等施設整備補助事業により、平成4年〜6年の3か年をかけ整備されました。」とあります。静沼周辺には乃木神社乃木家別邸(栃木県指定史跡)などが点在しています。

静沼:写真

静沼
[ 付近地図: 栃木県那須塩原市 ]・[ 那須塩原市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。