那須塩原市: 高木会館(旧黒磯銀行本店)

  栃木県:歴史・観光・見所那須塩原市:歴史・観光・見所>高木会館(旧黒磯銀行本店)

概要・歴史・観光・見所
高木会館(旧黒磯銀行本店)概要: 高木会館は大正5年(1916)に黒磯銀行(大正7年:1918年開業、昭和10年:1935年に廃業、その後は頭取だった高木家が所有。)本店として建てられた建物です。石造2階建、切妻、桟瓦葺、建築面積116u、正面性を強調する為、正面は芦野石、それ以外は大谷石と同じ石材でも種類を変える工夫が見られ、パラペットは高く上げ櫛型風ペディメントとしてレリーフ(黒磯銀行の社章)を施すなどデザイン化しています。又、縦長の上げ下げ窓を採用し2階の正面の窓にはファンライトと呼ばれる半円形の欄間が設えられるなど洋風建築の要素が随所に見られます。昭和6年(1931)の黒磯大火でも焼失を免れ、耐火建築として機能を果たしています(その大火では周辺140戸が焼失)。高木会館(旧黒磯銀行本店)は大正時代に建てられた地方の銀行建築を伝える大変貴重な存在で「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との理由から平成14年(2002)に国登録有形文化財に指定されています。現在は飲食店などで利用されています。

薬王寺:写真

高木会館(旧黒磯銀行本店)
[ 付近地図: 栃木県那須塩原市 ]・[ 那須塩原市:歴史・観光・見所 ]
高木会館(旧黒磯銀行本店) 高木会館(旧黒磯銀行本店) 高木会館(旧黒磯銀行本店) 高木会館(旧黒磯銀行本店)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。