那須塩原市: 旧津久井家住宅

  栃木県:歴史・観光・見所那須塩原市:歴史・観光・見所>旧津久井家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧津久井家住宅(那須塩原市)概要: 津久井家は代々交代名主四家(渋井家・時庭家・福田家・津久井家の4家が交代で名主を務めた)の1家だった家柄で上級農家でした。現在の建物は安政元年(1854)の火災で焼失した後、安政2年(1855)に再建されたもので寄棟、茅葺(上部に煙出し)、直屋造り、平入、桁行き10間(約18.3m)、梁間5間、外壁は真壁造り、白漆喰仕上げ、内部には馬屋、土間、板の間(囲炉裏付)、和室(神棚、仏壇付)などで構成されています。建物の規模や部屋割りや神棚仏壇の位置、構造材の仕上げなどから江戸時代の中級農家の典型といえます。旧津久井家住宅は当時の農家の生活を伝えるものとして昭和44年(1969)に旧地である原街道沿いから現在地に移築され那須塩原市指定有形文化財に指定されています。現在は那須塩原市黒磯郷土館として再利用され一般公開されています。

旧津久井家住宅:写真

津久井家住宅
[ 付近地図: 栃木県那須塩原市 ]・[ 那須塩原市:歴史・観光・見所 ]
旧津久井家住宅 津久井家住宅 津久井家住宅 津久井家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。