那須塩原市: 乃木家別邸

  栃木県:歴史・観光・見所那須塩原市:歴史・観光・見所>乃木家別邸

概要・歴史・観光・見所
乃木家別邸(那須塩原市)概要: 乃木家別邸は明治24年(1891)にこの地(先代は静子夫人の叔父である吉田清皎氏が所有、明治23年:1890年に清皎氏が逝去した為、農地3ha、山林10haを譲り受けました。)を求め、明治25年(1892)に建てられた建物で設計には乃木希典自ら行っています。農家風の質素な建物で木造平屋建て、瓦葺き(旧木羽葺き)、建坪53坪(約175u)で内部は和室が6部屋(8畳間3室・6畳間が3室)と土間、囲炉裏があり、乃木希典は休職中の48ヶ月(4度の休職の合算)をこの地で過したとされます。往時は主屋の他、石蔵、肥料小屋、農具小屋、蒔小屋などがありましたが昭和46年(1971)に火災(不審火)により焼失し、その後復元、しかし平成2年(1990)に再び焼失(過激派による放火)し、平成5年(1993)に再建されました。乃木家別邸は昭和41年(1966)に栃木県指定史跡に指定されています。敷地の隣地には乃木希典を祭る乃木神社が鎮座しています。

乃木家別邸:写真

乃木家別邸
[ 付近地図: 栃木県那須塩原市 ]・[ 那須塩原市:歴史・観光・見所 ]
乃木家別邸 乃木家別邸 乃木家別邸 乃木家別邸


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。