小山市: 公孫樹

  栃木県:歴史・観光・見所小山市:歴史・観光・見所>公孫樹

概要・歴史・観光・見所
公孫樹(小山市)概要: 公孫樹には祗園城(小山城)落城の折、小山氏の姫が古井戸に身を投げ、その霊がイチョウに乗り移った為実を結ばなくなった"実なしいちょう"の伝説や城主小山政光(藤原秀郷の後裔とされる大田政光が小山城に入り小山氏に改称)の妻 寒川尼が使用していた杖をついたところ、たちまち根付き"逆さいちょう"となったなどの伝説が残っています。古くから巨木として有名で享和3年(1803)に著された"日光駅程見聞雑記"には"古井戸の堀たる近くに銀杏の樹あり、高さ三丈もある古木なり"と記され、文政年間(1818〜1830年)に著された"小山砂子"には"御城山に今、古木となりて銀杏の木あり"と記されています。公孫樹は樹高約15m、目通り約6m、枝張り東西約11m、南北約12m、市内を代表するイチョウの古木大木として貴重な事から昭和40年(1965)に小山市指定天然記念物に指定されています。

公孫樹:写真

公孫樹
[ 付近地図: 栃木県小山市 ]・[ 小山市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。