真岡市: 金鈴荘

  栃木県:歴史・観光・見所真岡市:歴史・観光・見所>金鈴荘

概要・歴史・観光・見所
金鈴荘(真岡市)概要: 金鈴荘は江戸時代末期から真岡もめん問屋として栄えた岡部呉服店の2代目岡部久四郎氏が江戸時代初期に10年の歳月を費やした建物です。土蔵2階建て、寄棟、瓦葺き、桁行11.5間(20.94m)、梁間6.5間(11.83m)、延床面積415.52u、1階床面積228.39u、2階床面積187.13u、外壁は海鼠壁が建物全体を覆い当時は高価で格式が高いとされた黒漆喰で仕上げられています。外観は重厚な印象を受けますが、内部は派手さもなく落ち着いた繊細な空間で紫檀、黒檀、鉄刀木の唐木など当時はなかなか手に入りにくい高級な材料を適材に使用し廊下の梁などは長い1本ものを使用しています。庭園は回遊式日本庭園で池を中心に地元産の磯山石を配したもので岡部呉服店の迎賓館としての格式をもっています。金鈴荘は平成12年(2000)に栃木県指定重要文化財に磯山石の石塀が平成13年(2001)に真岡市登録文化財にそれぞれ指定されています。

金鈴荘:写真

金鈴荘
[ 付近地図: 栃木県真岡市 ]・[ 真岡市:歴史・観光・見所 ]
金鈴荘 金鈴荘 金鈴荘 金鈴荘


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。