矢板市・歴史・観光

  栃木県:歴史・観光・見所(ホーム)>矢板市
栃木県の見所
 ・ 宇都宮市
 ・ 岩舟町
 ・ 佐野市
 ・ 氏家町
 ・ 鹿沼市
 ・ 小山市
 ・ 壬生町
 ・ 足利市
 ・ 大田原市
 ・ 栃木市
 ・ 那須塩原市
 ・ 矢板市
 ・ 真岡市
 ・ 那珂川町
 ・ 那須烏山市
 ・ 二宮町
 ・ 板室温泉
 ・ 湯西川温泉
 ・ 那須町伊王野
 ・ 益子町
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
矢板市・歴史・観光・見所
矢板市概要: 矢板市の歴史は古く、日本最古とされる後期旧石器時代の黒曜石の採掘場である高原山黒曜石原産地遺跡群があり、当地から数百キロ離れた場所にも高原山産の石器が発見され当時から交流が活発だったと推定されています。奈良時代に入ると中央の文化が入り神亀元年(724)には行基菩薩により法楽寺が創建され、延暦14年(795)には木幡神社が勧請されています。中世に入ると塩谷氏が支配し、塩谷氏の出生は諸説ありますが一般的には宇都宮業綱の二男朝業が、塩谷を名乗ったことが始まりとされています。朝業は建仁年間に川崎城を築き周辺を統治しますが、13代目の教綱は宇都宮氏乗っ取りを画策し逆に宇都宮城内で謀殺され、塩谷氏は断絶し、敵対していた宇都宮持綱の孫孝綱が塩谷氏を継ぎます。天正18年(1590)に行われた豊臣秀吉の小田原の役で塩谷氏は不穏な行動をとったとされ改易、時の領主義綱は縁戚だった佐竹氏を頼り常陸に落ち延び、関ヶ原の戦い後は佐竹氏の家老として秋田に随行しています。その後、岡本氏が一時領しますが、江戸時代に入ると矢板市全域が旗本知行所や佐倉藩などの飛地に細分化され明治維新を迎えます。又、矢板市中心地は奥州街道の大田原宿(大田原城下)と今市宿を結ぶ日光北街道の宿場町として栄え多くの物資の集積場となり周辺の経済の中心地となりました。
矢板市
木幡神社
木幡神社
木幡神社
寺山観音寺
観音寺
寺山観音寺
山縣有朋別邸
山縣有朋別邸
山縣有朋別邸
持宝院
持宝院
持宝院
荒井家住宅
荒井家住宅
荒井家住宅
 
矢板市
 
 
矢板市
 
 
矢板市
 

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。