那珂川町・歴史・観光

  栃木県:歴史・観光・見所(ホーム)>那珂川町
栃木県の見所
 ・ 宇都宮市
 ・ 岩舟町
 ・ 佐野市
 ・ 氏家町
 ・ 鹿沼市
 ・ 小山市
 ・ 壬生町
 ・ 足利市
 ・ 大田原市
 ・ 栃木市
 ・ 那須塩原市
 ・ 矢板市
 ・ 真岡市
 ・ 那珂川町
 ・ 那須烏山市
 ・ 二宮町
 ・ 板室温泉
 ・ 湯西川温泉
 ・ 那須町伊王野
 ・ 益子町
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
那珂川町・歴史・観光・見所
那珂川町概要: 那珂川町の歴史は古く駒形大塚古墳や那須八幡塚古墳など比較的早くから古墳文化が入り込み、平安時代には那須官衙が築かれ那須国の政治の中心を成していました。鷲子山上神社や健武山神社などの延喜式式内社も点在し、特に健武山神社境内では優良な砂金を産出し、東大寺大仏鋳造に使用されたと記録に残っています。中世になると宇都宮氏の一族である武茂氏が武茂城を拠点として那珂川町周辺を支配し、菩提寺である乾徳寺の創建や鷲子山上神社、健武山神社など社殿造営、改修を行い多くの足跡を残します。戦国時代後期になると武茂氏から宇都宮氏へ養子に出すなど複雑な経緯を辿り、守綱の代で佐竹氏に従属するようになり、豊綱の代の文禄3年(1594)に太閤検地で那須氏内応の噂が流れ常陸の久慈郡大賀村に知行替えになりました(関が原の合戦で佐竹氏は中立を保った為、秋田へ移封となり武茂氏も従います。)。江戸時代に入ると那珂川町周辺は天領となり、慶長14年(1609)からは水戸藩に属し明治維新まで続きます。
那珂川町
那珂川町・観光・見所
[ 付近地図: 栃木県宇那珂川町 ]・[ 関係リンク: 那珂川町 ]
那珂川町 那珂川町 那珂川町 那珂川町
那珂川町・観光・見所
鷲子山上神社
鷲子山上神社
鷲子山上神社
乾徳寺
乾徳寺
乾徳寺
健武山神社
健武山神社
健武山神社
戸隠神社
戸隠神社
戸隠神社
神田城
神田城
神田城
大日堂
大日堂
大日堂
唐の御所
唐の御所
唐の御所
那須官衙遺跡
那須官衙遺跡
那須官衙遺跡
馬頭院
馬頭院
馬頭院
飯塚家住宅
飯塚家住宅
飯塚家住宅
匠の館
匠の館
匠の館
 
那珂川町
 
住宅設計

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。