足利市: 善光寺

  栃木県:歴史・観光・見所足利市:歴史・観光・見所>善光寺

概要・歴史・観光・見所
善光寺(足利市)概要: 定額山善光寺は江戸時代中期に密山和尚が開山したと伝わる寺院です。5代将軍徳川綱吉が館林藩主時代に当寺に訪れたとされ、境内にある枝垂桜は綱吉が手植えしたものと伝えられています。現在の山門(楼門)は18世紀初期(推定)に建てられ、安永6年(1777)に改修されたもので三間一戸、八脚楼門、桁行6.37m、梁間4m、入母屋、2層部分には高欄を廻らし両側には仁王像(阿形・吽形:像高2m)が安置されています。江戸時代中期に建てられた楼門建築の様式を継承するものとして仁王像と共に昭和35年(1960)に足利市指定有形文化財に指定されています。本堂内部に須弥壇に安置されている本尊、阿弥陀如来立像は室町時代に制作されたもので、銅造、像高48cm、脇侍は鎌倉時代まで遡ると推定され、銅造、像高各33cm、足利市指定有形文化財に指定されています。十六羅漢像は立像(9躯)、倚像(4躯)、座像(3躯)で構成され、何れも木造、金箔仕上げ、16躯全て現存する貴重なものとして足利市指定有形文化財に指定されています。宗派:黄檗宗。本尊:阿弥陀三尊像。

善光寺の文化財
・ 銅造 阿弥陀如来立像及び両脇侍立像−室町時代−足利市指定有形文化財
・ 木造 十六羅漢像−足利市指定有形文化財
・ 善光寺山門 附仁王像−江戸時代中期−足利市指定有形文化財

善光寺:写真

善光寺
[ 付近地図: 栃木県足利市 ]・[ 足利市:歴史・観光・見所 ]
善光寺 善光寺 善光寺 善光寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。