鹿沼市: 今宮神社

  栃木県:歴史・観光・見所鹿沼市:歴史・観光・見所>今宮神社

概要・歴史・観光・見所
今宮神社(鹿沼市)概要: 今宮神社は栃木県鹿沼市今宮町に鎮座している神社です。今宮神社の創建は延歴元年(782)に日光二荒山神社栃木県日光市)の分霊を御所森に勧請したのが始まりと伝えられています。鎌倉時代に入ると押原六十六郷の総鎮守として社運も隆盛し正応5年(1292)には鹿沼権三郎入道教阿(当時の日光総政所)と清原氏によって唐銅燈籠一基(お化け燈籠)を奉納しています。戦国時代に入ると壬生氏が台頭し、宇都宮家が担っていた「日光御神領惣政所職」を剥奪、これにより日光山領の支配権を事実上掌握した事を受けて、天文3年(1535)に壬生綱房が鹿沼城を築城した際に現在地に遷座し、城の鎮守社として社領の安堵と社殿の造営を行い崇敬社としました。壬生氏は小田原の陣において北条側に組した為、天正18年(1590)に豊臣秀吉に行われた奥州仕置きによって所領を没収され、庇護者を失った事で今宮権現も衰退します。

今宮神社は江戸時代に入った慶長13年(1608)に幕府から社領50石を安堵、社殿も造営され、以後は歴代宇都宮藩主から崇敬庇護されます。その後、延宝9年(1681)に本殿(一間社流造・向拝付・銅板瓦捧葺・桁行1間:3.26m・梁間1間:2.67m・向拝や壁面に精緻な彫刻)が改築され嘉永2年(1846)には唐門(総檜造り・切妻・軒唐破風付き・銅瓦葺・一間一戸・四脚門)や拝殿(木造平屋建て・入母屋造・向拝付・銅板瓦捧葺・桁行3間:7.45m・梁間2間:4.75m)、幣殿(両下造、銅板瓦棒葺、桁行4間:8.13m、梁間1間:3.26m・宮殿:入母屋、木羽葺、桁行1間:1.42m、梁間1間:1.15m)が新築されました。古くから神仏習合し「日光山鹿沼今宮権現」や「今宮権現」などと称していましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により今宮神社と改称し明治5年(1872)に郷社、昭和6年(1931)に県社に列しました。祭神は大己貴命、素盞鳴尊、田心姫命、味耜高彦根命。

今宮神社の文化財
・ 唐門−嘉永2年−総檜造り、銅瓦葺−栃木県指定重要文化財
・ 本殿−延宝9年-一間社流造,向拝付,銅板瓦捧葺-栃木県指定重要文化財
・ 拝殿−嘉永2年-入母屋造,向拝付,銅板瓦捧葺-栃木県指定重要文化財
・ 弊殿附宮殿−江戸時代−両下造、銅瓦棒葺−栃木県指定重要文化財
・ 太刀−建武3年−備州長船住利行、長さ79.4p−鹿沼市指定有形文化財
・ 今宮神社大太鼓−天正元年(1573)−鹿沼市指定有形文化財
・ 刀-文政11年-野州住荒川貞五郎雲龍子源直行-鹿沼市指定有形文化財
・ 餅板−大永7年−25p×25p、杉材−鹿沼市指定有形文化財
・ 懸仏,木製カワラケ及び木製厨子-天文8年(1539)-鹿沼市指定有形文化財
・ 鹿沼今宮付け祭り−国指定無形民俗文化財

今宮神社:写真

今宮神社境内正面に設けられた大鳥居と石造社号標
[ 付近地図: 栃木県鹿沼市 ]・[ 鹿沼市:歴史・観光・見所 ]
今宮神社境内から見上げた参道石段と唐門、石造狛犬 今宮神社唐門から見た境内 今宮神社拝殿正面と天水樽 今宮神社本殿と幣殿


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。