客殿:概要

  栃木県:歴史・観光・見所鹿沼市:歴史・観光・見所医王寺>客殿

概要・歴史・観光・見所
客殿(医王寺)概要: 医王寺客殿(基本的には客を接待するために造られた建物)は貞享5年(1688)に建てられた建物です。木造平屋建一部2階建、寄棟(正面左側は2階建てで寄棟の屋根が切り落とされています。)、銅板葺きの建物で外壁は真壁造、腰壁は板張、正面は略建具、上部が白漆喰で仕上げられ桁行13間と医王寺境内の中で最大の規模を誇ります。内部は客間や2階部分以外は基本的に間仕切り壁がなく襖や板戸などで区切られ、全てを開放すると100畳以上の大空間となっています。客間は面皮柱、欄間、長押、引手などに繊細な意匠が施され質素ながら格式の高い雰囲気を出しています。医王寺客殿は当時の建築を伝えるものとして昭和58年(1983)に栃木県指定重要文化財に指定されています。

客殿:写真

客殿
[ 付近地図: 栃木県鹿沼市 ]・[ 医王寺:歴史・観光・見所 ]
客殿 客殿 客殿 客殿


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。