唐門:概要

  栃木県:歴史・観光・見所鹿沼市:歴史・観光・見所医王寺>山門(唐門)

概要・歴史・観光・見所
山門(唐門)概要: 医王寺唐門は宝暦3年(1753)に建てられた建物です。医王寺境内の中で最も豪華な建物とされ、入母屋、茅葺、桁行2.9m、梁間2.7m、正面には唐破風が設えられた四脚門(本柱の他、前後に1本づつ控柱:合計6本の柱で支える門の形式)で全体が極彩色で仕上げられています。彫刻は唐戸の地板や欄間、柱、木鼻などに獅子、象、鳳凰、稚児行列、仙人、花鳥などが彫り込まれ、日光東照宮陽明門に見られる地紋彫やふぐら彫に酷似しています。天井は格天井で中には鮮やかな絵画が描かれています。医王寺唐門は江戸時代中期に建てられた数少ない唐門建築を伝えるもので意匠的、技術的にも優れていることから昭和48年(1973)に栃木県指定重要文化財に指定されています。

山門(唐門):写真

山門
[ 付近地図: 栃木県鹿沼市 ]・[ 医王寺:歴史・観光・見所 ]
山門 山門 山門 山門


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。