大師堂:概要

  栃木県:歴史・観光・見所鹿沼市:歴史・観光・見所医王寺>大師堂

概要・歴史・観光・見所
大師堂(医王寺)概要: 医王寺大師堂(弘法大師堂)は貞享3年(1686)に建てられた建物で桁行3間、梁間3間、入母屋、茅葺、妻入りで正面に一間の向拝が設えられています。壁は内外ともに朱色で塗られ欄間や蟇股などには繊細な彫刻が、入母屋の妻には木連格子の妻飾りが施され、向拝の柱には地紋彫が見られます。内部には須弥壇がありその上部には厨子(明暦3年:1657年作)が安置され弘法大師(空海:真言宗の開祖、高野山開山、嵯峨天皇・橘逸勢と共に三筆)が祀られています。医王寺大師堂は当時の御堂建築を伝えるものとして昭和48年(1973)に栃木県指定重要文化財に指定されています。

大師堂:写真

大師堂
[ 付近地図: 栃木県鹿沼市 ]・[ 医王寺:歴史・観光・見所 ]
大師堂 大師堂 大師堂 大師堂


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。