栃木市: 田村家住宅

  栃木県:歴史・観光・見所栃木市:歴史・観光・見所>田村家住宅

概要・歴史・観光・見所
田村家住宅(栃木市)概要: 田村家住宅は案内板によると「 本建物は「八百金」(屋号は"八百屋")の名で知られた荒物 麻苧問屋の田村家の店舗として使われていた。店舗を厚い土壁で包み漆喰で仕上げた典型的な江戸型の見世蔵で、栃木に現存する見世蔵の中でも群を抜く規模を誇る。二階建て桟瓦葺、切妻平入、間口(桁行)四間、奥行(梁間)三間半。正面を黒漆喰塗、軒を出桁造として四重の軒蛇腹をもち堂々たる風格を備える。明治37年に造られたとされる。」とあります。旧田村家見世蔵は明治時代後期に建てられた町家建築の遺構で規模も大きく良好な町並みに寄与している貴重な建物として平成9年(1997)に栃木市指定文化財に指定されています。背後の土蔵(土蔵2階建、切妻、桟瓦葺、外壁は白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張り縦押縁押え)は慶応4年(1868)に建てられたもので、通常の土蔵よりも造りが良く、単なる倉庫ではなく家具などの調度品を納めるものだったとされ、戦後、「八百金」が閉鎖されると土蔵群はアパートに改修され「蔵のアパート」等と呼ばれるようになっています。現在は「見世蔵」、「土蔵」と共に「とちぎ蔵の街観光館」として整備され一般公開されています。

田村家住宅:写真

田村家住宅
[ 付近地図: 栃木県栃木市 ]・[ 栃木市:歴史・観光・見所 ]
田村家住宅 田村家住宅 田村家住宅 田村家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。