栃木市: 横山家住宅

  栃木県:歴史・観光・見所栃木市:歴史・観光・見所>横山家住宅

概要・歴史・観光・見所
横山家住宅(栃木市)概要: 横山家住宅は案内板によると「 横山家は、かつては栃木でも有数の麻苧(あさお)問屋として知られていました。店舗は北半分が麻苧問屋、南半分が明治32年に設立された栃木共立銀行としてつくられており、出入口も別々に設けられています。両側の石蔵は北側の麻蔵が明治42年、南側の文庫蔵が明治43年の上棟で外壁はいずれも鹿沼産の深岩石が積まれており、小屋組みは木造のキングポスト(洋風小屋組)が用いられ、窓や出入口には赤煉瓦積みの蛇腹を廻しています。庭園内には大正7年建築の離れ(洋館)があります。外観はハーフティンバー形式(壁面に柱や梁が露出する構造)を用い内部は和風を基調としますが天井を洋風にするなど和様折衷になっています。 栃木市教育委員会 」とあります。横山家の店舗及び住居(明治42年:1909年建築、木造厨子2階建、切妻、桟瓦葺、平入、外壁は真壁造り黒漆喰仕上げ、建築面積256u)、麻蔵(明治42年:1909年建築、石造2階建、桟瓦葺、平入、梁間4間、桁行5間、建築面積66u)、文庫蔵(明治42年:1909年建築、石造2階建、桟瓦葺、平入、梁間4間、桁行5間、建築面積66u)、離れ(洋館:大正時代建築、木造平屋建、切妻、銅板葺、建築面積31u)は明治時代から大正時代に建てられた町屋建築として貴重で「国土の歴史的景観に寄与しているもの(店舗及び住居・麻蔵・文庫蔵)」、「造形の規範となっているもの(離れ)」との登録基準を満たしている事から平成10年(1998)に国登録有形文化財に登録されています。現在は横山郷土館として一般公開されています。

横山家住宅:写真

横山家住宅
[ 付近地図: 栃木県栃木市 ]・[ 栃木市:歴史・観光・見所 ]
横山家住宅 横山家住宅 横山家住宅 横山家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。