日光東照宮: 表門

  栃木県:歴史・観光・見所日光市:歴史・観光・見所日光東照宮>表門

概要・歴史・観光・見所
表門(日光東照宮)概要: 表門は寛永12年(1635)に建てられたもので、表門三間一戸、単層八脚門、切妻、銅瓦葺き、東西に延長120間に及ぶ簓子塀が付いています。表門は朱色を基調とし虎や麒麟、獅子、獏など82体の彫刻は極彩色に彩られています。神仏混合の名残で両脇には古くから仁王像(阿形・吽形・像高約4m)が安置されていて仁王門と称していましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により仁王像が大猷院に移され東照宮の表門となりました(明治30年:1897年に再度仁王像は戻されました)。日光東照宮表門は貴重な事から国指定重要文化財に指定されています。

日光山内・日光の社寺・世界遺産
 [大猷院廟]:[輪王寺]:[滝尾神社]:[二荒山神社]:[本宮神社]:[四本龍寺]

表門:写真

表門
[ 付近地図: 栃木県日光市 ]・[ 日光東照宮:歴史・観光 ]

スポンサーサイト

日光東照宮:境内・見所
石鳥居 五重塔
表門 三神庫
三猿 御水屋
輪蔵 鐘楼・鼓楼
本地堂 陽明門
回廊 奥宮
神輿舎 神楽殿
祈祷殿 御本社
眠り猫 御宝蔵
奥宮拝殿 鋳抜門


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。