日光東照宮: 三神庫

  栃木県:歴史・観光・見所日光市:歴史・観光・見所日光東照宮>三神庫

概要・歴史・観光・見所
三神庫(日光東照宮)概要: 三神庫は下神庫・中神庫・上神庫の総称で寛永12年(1635)に建てられました。下神庫は桁行7間、梁間4間、切妻、銅瓦葺き、中神庫は桁行9間、梁間3間、入母屋、銅瓦葺き、上神庫は桁行7間、梁間4間、切妻、銅瓦葺きで、三棟とも校倉造り(外壁が角材を菱形になるようして積み上げる工法で、湿度によって木材が伸縮する特性を利用している事から保存性が強く、倉庫や倉などに採用されました)、高床で内部には「百物揃千人武者行列」に使用される1200人分の装束や舞楽用の装束などが収められています。上神庫の屋根妻面には狩野探幽が下絵した「想像の象」の彫刻があり、「三猿」と「眠り猫」と共に日光三彫刻の1つとされています。三神庫は国指定重要文化財に指定されています。

日光山内・日光の社寺・世界遺産
 [大猷院廟]:[輪王寺]:[滝尾神社]:[二荒山神社]:[本宮神社]:[四本龍寺]

三神庫:写真

三神庫
[ 付近地図: 栃木県日光市 ]・[ 日光東照宮:歴史・観光 ]
三神庫 三神庫 三神庫 三神庫(想像の象)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。