佐野市: 人丸神社

  栃木県:歴史・観光・見所佐野市:歴史・観光・見所>人丸神社

概要・歴史・観光・見所
人丸神社(佐野市)概要: 人丸神社の創建は元慶元年(877)歌聖柿本人麻呂の分霊を石見国高角山(高津柿本神社:島根県益田市の事だろうか?高角山(現在の島の星山、標高470m)は柿本人麻呂の短歌「 石見のや 高角山の 木の際より わが振る袖を 妹見つらむか 」で出てくる存在する山ですが、山頂には人麻呂を祀っている神社が無く高津柿本神社が本社を自称しています。)より勧請したのが始まりと伝えられていますが、境内にある湧泉池は才川の源泉となり田畑を潤していた事から、古来から自然崇拝的なものがあったのかも知れません。信仰は広く境内には元禄4年(1691)に奉納された石鳥居や元禄元年(1688)に奉納された石灯篭、社宝には宝永7年(1710)に江戸講中から奉納された神楽面などがあります。旧郷社。拝殿は入母屋、桟瓦葺、桁行3間、梁間2間、正面1間向拝付、天井は田村安貞によって描かれた花鳥風月の格天井になっています。本殿は二間社流造、銅板葺。社殿は20年毎に改修や造営が繰り返されています。

人丸神社の文化財
・ 人丸神社湧泉池−地質学上貴重−佐野市指定天然記念物
・ 人丸神社神苑−佐野市指定名勝
・ 絹本着色柿本人丸像−田崎草雲作−佐野市指定有形文化財
・ 神楽面(八面)-宝永7年江戸講中より寄進-佐野市指定有形文化財

人丸神社:写真

人丸神社
[ 付近地図: 栃木県佐野市 ]・[ 佐野市:歴史・観光・見所 ]
人丸神社 人丸神社 人丸神社 人丸神社
人丸神社 人丸神社 人丸神社 人丸神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。