佐野市: 田中正造誕生地墓所

  栃木県:歴史・観光・見所佐野市:歴史・観光・見所>田中正造誕生地墓所

概要・歴史・観光・見所
田中正造誕生地墓所(佐野市)概要: 田中正造は天保12年(1841)に名主富蔵の長男として生まれ、後に名主を継ぐと領内の農政改革に尽力を尽くし、明治時代になると栃木県会議長や衆議院議員を歴任し足尾鉱山の公害問題に取り組みました。大正2年(1913)に正造が死去すると、惣宗寺(佐野厄除け大師)で本葬が行われ正造に縁が深い5箇所に分骨し埋葬されました(その後、墓所内の墓にカツ夫人が合祀されました。)。この地は正造の生家に隣接する場所で正造(明治32年:1899年2月4日に製作)の"冬ながら鳴かねばならぬほととぎす雲井の月のさだめなければ"の碑があります(題字は正造の友人だった島田三郎)。田中正造誕生地墓所は佐野市指定史跡に指定されています。

田中正造誕生地墓所:写真

田中正造墓碑
[ 付近地図: 栃木県佐野市 ]・[ 佐野市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「栃木県:歴史・観光・見所」は「栃木県の歴史」、「郷土資料辞典−栃木県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。