北条時子

  栃木県:歴史・観光・見所(ホーム)>北条時子:菩提寺(法玄寺)
【 菩提者 】 北条時子は鎌倉幕府初代執権北条時政の娘で源頼朝の正室北条政子の実妹とされる人物です。治承5年(1181)、初代鎌倉幕府将軍となった頼朝の命により、源氏の一族である足利義兼(足利氏2代当主)と結婚し義氏(足利家3代当主)、野田朝氏(熱田大宮司)室、瑠璃王、薬寿御前をもうけています。伝承によると建久7年(1196)、北条時子は義兼が鎌倉出府の際、花見に出かけ侍女(又は側室とも)である藤野が井戸から汲んで来た生水を飲んだところ、次第に腹が大きくなり妊婦のような姿になりました。鎌倉から帰った義兼がその姿を見ると不信に思い、さらに藤野が足利忠綱(藤姓足利氏の嫡流)と不義密通したとの虚偽の報告をした為、疑惑は深まりました。忠綱に問いただすと明確な答えが得られず、逆に追い詰められた事で足利北部の山まで逃亡し自刃、降り積もった雪が忠綱の血によって真っ赤に染まった事から赤雪山(標高:621m)と呼ばれるようになったそうです。

北条時子の方に問い詰めると無実の罪を着せられた事に憤慨し「死後わが身体をあらためよ」と言って自害して果てました。死体を改めると時子の腹からは無数の蛭が出てきた事から無実が証明され、義兼は大変悔い、藤野を極刑にして原因となった井戸を埋め戻したと伝えられています。義兼は氏寺である鑁阿寺(足利市)の境内に蛭子堂(智願寺殿御霊屋)を設け、息子である義氏は母親の菩提を弔う為、寺院を造営し時子の戒名「智願院殿」に因み智願院法玄寺と名付け篤く供養しました。昭和初期に法玄寺(足利市)の境内から発見された五輪塔(蛭子塚:お蛭子さま)は鎌倉時代に製作されたものと推定された事から、北条時子の墓碑とされ信仰の対象となっています。法玄寺境内にある伝:北条時子姫五輪塔は足利市指定文化財に指定されています。

【 寺  号 】 法玄寺
【 所在地 】 栃木県足利市巴町
【 創建年 】 建久7年(1196)
【 開  山 】
【 開  基 】 足利義氏(足利家3代当主)
【 山  号 】 帝釈山
【 宗  派 】 浄土宗
【 本  尊 】 阿弥陀如来
【 備  考 】 伝北条時子姫五輪塔−足利市指定文化財−指定日:昭和55年
栃木県大名菩提寺
徳川家康(日光東照宮)徳川家光(大猷院廟)大田原家(光真寺)那須与一(玄性寺)大関家(大雄寺)福原家(実相院)烏山藩大久保家(太平寺)壬生家・鳥居家(常楽寺)北条時子(法玄寺)足利家(鑁阿寺)長尾家(長林寺)足利義兼(旧法界寺)武茂家(乾徳寺)佐野源左衛門常世(願成寺)小山家(天翁院)芳賀家(海潮寺)稲葉正成(般若寺)水谷蟠龍斎(芳全寺)
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。